MENU
あー。
このサイトの人
LGBTQ⁺ブロガー。
くすりをあつかう仕事もしている。
ひとことで言うと薬剤師。
いろいろ情報を発信中。
💡LGBTQ関連情報と嫁ちゃん大好きまんブログ。たまに小物💼

嫁ちゃんブログ〜プロポーズ編〜

  • URL Copied!

今回は嫁ちゃんブログ第3弾!!
プロポーズ編でございます。

なお、1弾、2弾みてないよ〜って方がいらしたら
ぜひともこちらからどうぞ〜

それではご〜

目次

付き合い始めて1ヶ月

前回までの嫁ちゃんブログでは結ばれたところまで記載。
今回はそこからスタートです。

最初の1ヶ月は

本当初々しいにも程がありましたね。

まず嫁ちゃんに関しては

恥ずかしくて顔を直視できず。
ご飯食べに行ってもメニューで顔を隠す始末。

懐かしいなぁおい。

わたくしはと言うと、

色々カッコつけてましたかね←
知ったかもしましたかね?

わたくしのほうが4つ上、同職業なので

悪く言うとかっこいいと思って

「先輩かぜ吹かせてた」かもしれませんね。

かっこわるぅー。

付き合いたてで顔も見れないような仲でしたが
自宅が主なデート場所でして
あまり外に出歩かない感じでした。

家の中で何してたかと言うと

なにもしてません。

強いて言えば後半ころから

海外ドラマの「ウォーキング・デッド」を見てたくらいですかね。

なお、現在進行形でこの作品は見続けてます。

嫁ちゃんと一緒に我が家にいることが多く


付き合いたてで自宅って緊張してやばくね?!

って思ってたんですが、

これまた不思議。

嫁ちゃんと一緒にいたら

しゃべらなくて「シーン」とした家が
めちゃめちゃしっくりくるんです。

普通「何かしゃべらなきゃ」とか
「つまらなくないかな?」とか

気になるはずなんですけど・・・

居心地がよいとはこのこと。

そんな感じの1ヶ月を過ぎたあたりから
お互いある感情が芽生えるのです

結婚指輪ほしくね?

結婚指輪を探し始める付き合って2ヶ月目

なんですかね、
2人で電話で

「これは運命の出会いだね」

なんて星空みながら言い合っちゃうカップルって
私たち以外いるとすれば

ひと昔前のドラマの世界なんじゃないかって
今なら思うんですけど

その当時は2人して真顔だし・・・いや、

なんなら今でも同じこと言えちゃうくらい

世に言われる『くさいセリフ』をさらっと
お互い吐き出しちゃえるんですよね。

大学で上京してきて

大学時代付き合った人にも若干ひかれていたものの
恥ずかしげもなく

我が口から出る『くさいセリフ

友達からはわたくしの『くさいセリフ集』を
出せと当初の恋人が言われてたくらい。

でもね、当時は自分がくさいセリフ言ってる自覚がないから
まぁ恐ろしい。

その後周りの顔を伺いながら

『あ、これがくさいセリフなのか』

と訓練を重ね今に至ります。

話がそれましたが

この『くさいセリフ』言う感覚。

この感覚が合うのがいいのか悪いのかは置いといて
お互い言い合えちゃうのが初めてだったので
(今まではびっくりされて笑われるのが常)

びっくりしたのを覚えています。
なんならわたくしの方が

「嫁ちゃんくさいセリフいうなぁ」

と思ってたくらいw

そんなくさい話は今もなお繰り広げられますが

そう、結婚指輪の話←

嫁ちゃん29歳
わたくし32歳(33の年)

これを最後の恋にしたいと願わんばかりのお年頃(?)

なんとなく将来も一緒にいる未来図が自然と描かれ

婚約指輪などスキップして

結婚指輪が欲しいという感情に。

嫁ちゃんにも婚約指輪は欲しくないの?
と問うたところ

「その分結婚指輪を奮発して買おう」

との返答だったため

スムーズに2ヶ月目にして結婚指輪を探し始めることに。

結婚指輪記事はこちらからどぞ~

3ヶ月目のプロポーズ

101回目のプロポーズみたいな表題にしちゃいましたが
3ヶ月目でプロポーズです。

結婚指輪を購入したのが11月中旬。
店舗に結婚指輪が到着するのが11月下旬~12月中旬
とのことで

クリスマスに一緒に取りに行こう

と話をしていたのです。

それまでは特にプロポーズは意識しておらず(いや、しろよ)

クリスマスに取りに行こうと思っておりました。

・・・がしかし、

予定よりだいぶ早く指輪到着の電話が。

わたくしごとですが・・・
いや、この記事全てわたくしごとなんですがね

付き合った記念日とかあるじゃない?

それがわたくし達25日だったのよ。

結婚指輪到着が25日だったのよ。

そしたらもう

これぞ運命。今日取りに行って
プロポーズしよう。

ってなるじゃない?

え?ならない?

いや、なったのよ。なっちゃったら仕方ないよね←

そしてプロポーズとなるのです。

プロポーズ本番

当日思い立ったのにもかかわらず色々仕事中に計画を立てるわたくし。

仕事が18時まで

お店が20時まで

お店まで職場から30分弱。よし間に合う。

計画と言うか段どりやん。

もちろん嫁ちゃんには結婚指輪を取りに行くなんて告げず
嫁ちゃんの時間を確保して渡さねばならぬ。

当時のプロポーズ大作戦の概要がこちら

①嫁ちゃんの時間を自然に確保するため夜電話していいか聞き、電話するという体裁で時間確保
②その時間にバイクで嫁ちゃん宅に向かい電話した段階で外にでてきてもらう
③プロポーズ実行

いや、箇条書きするほどでもなかったな。

仕事が終わりいざ実行!

①嫁ちゃんの時間確保

どこまでも要領が悪いわたくし、いや計画性がないとはこの事。
仕事中に

「今夜電話していい?」

てひとこと聞けばよかったものの

仕事が終わって18時過ぎに

「今夜電話していいですか?」
とアポをとるわたくし

嫁ちゃんに断られたら中止になるのに
お店に向かい途中にアポどり。

断られないって当時の自信が
今冷静になって考えると自分にひく。

その理由のない自信通り
嫁ちゃんはなにもしらず

「何かあったの?いーよ!」と返事をくれる。

これでmission①はクリア(いつからmissionになったんや)

②バイクで向かい外に出てきてもらう

指輪を無事ゲットし、電話を約束した時間に

嫁ちゃんの家付近に到着。

それも30分前に。そして冬。

寒くてしぬ。

自販機のHOTに助けられながら30分経過。

ざぶい。電話やっとかけれる

自業自得だよおい。

プロポーズをすると決めた時から(当日だけどね)

我が脳内のくさいセリフ全集から引き出した選りすぐりのセリフを
脳内再生。

もう覚えてないんですけど←

確か

『これ以上に好きになる人も、
これ以上一緒にいたいと思える人も
この先もう現れないって確信がもてるほど
嫁ちゃんの存在が大事です。
今はまだ籍はいれられないけど、
一生そばにいたい気持ちは変わらないし
心から一緒に幸せになりたいし、
幸せにしたいので結婚してください。』

っていうつもりだったかな。

よし、電話かけるたい。

ぷるるるるる~♪

もしもし~いきなり電話したいって言ってごめんね~。

嫁ちゃん

いいよ~。どーしたの~?

いや、実はさ直接話したいことがあって嫁ちゃんの家の近くにいるんだけどあえる?

嫁ちゃん

えっ?!本当に?!行くっ!ちょっと待ってて!!

書いてて思ったけど、いきなり家の近くに現れる恋人こわくね?
おもくね?

ま、いっか←

プロポーズ本番

よし、プロポーズを頭で整理して、
これ以上好きになる人も・・

15分ほどして嫁ちゃん登場

登場・・・・

したんだけどさ。

その格好がさ。

お泊りセット絶対完備してるよね?!

ってくらいの荷物もっての登場。

想像の斜め上をいかれたため、
笑いがこみ上げて
プロポーズの言葉全とびw

とりあえず←失礼

えっと、これ以上好きな人も一緒にいたい人も
この先いないので結婚してください。
パカッ(指輪差し出す)

とだいぶ短くなったプロポーズ。

嫁ちゃん

え?なんで指輪?一緒に取りに行くっていってたのに!
・・でもうれしい!よろしくおねがいします!

多分泣いてくれてた(はず)

こうしてお付き合いして3ヶ月目でプロポーズが成功したのでした。

プロポーズ後

遅い時間にありがとね。
返事もありがとう(涙)

っと帰ろうとするわたくし。

嫁ちゃん

ん?このまま置いていくのか?
プロポーズした後に、置いていくのか?

と嫁ちゃん納得いかないと言わんばかりの顔

でもわたくし嫁ちゃん用ヘルメット持ってきておらず。

それを告げると

嫁ちゃん

タクシーでいくから大丈夫♪

とのことで

無事2人して我が家に到着したのでした。

なぜかタクシーの運ちゃんにハイチューをもらうという
珍事件もありましたが

以上嫁ちゃんブログ〜プロポーズ編〜でした

思い立ったら即行動やね←

ブログランキング・にほんブログ村へ

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる