MENU
あー。
このサイトの人
LGBTQ⁺ブロガー。
くすりをあつかう仕事もしている。
ひとことで言うと薬剤師。
いろいろ情報を発信中。
💡LGBTQ関連情報と嫁ちゃん大好きまんブログ。たまに小物💼

嫁ちゃんの生態【嫁ちゃんブログ】

  • URL Copied!

はい、やってきました!
ノンケの嫁ちゃんに質問ぶつけてみた!続編ともいえる、

嫁ちゃんの生態…

そう…

嫁ちゃんへの愛が溢れかえっているわたくしの

自己満の回ですー!!!

ぱふぱふ〜←

色々分析しましたので興味ある方だけ…
いや、なくてもどうぞ〜

目次

嫁ちゃんのスペック

顔出しNGですが、うちの姉が書いたそっくりな嫁ちゃん

ノンケの嫁ちゃんに質問ぶつけてみた!で本人より。

年齢、身長、体重、血液型教えてくださいっ

嫁ちゃん

154cm、中肉中背、A型

とのこと。←

補足で付け加えまくると。

某薬科大ストレート卒業、国試1発合格。
(わたくし大学1浪、国試1浪
・・・あ、なんか涙が・・・)

その後大手薬局に務める。

なにやら頭が良く、社会人として好発進していますね。
羨ましい

性格は

オリジナリティに富みまくっていて
この嫁ちゃんがいなければブログを
書こうとは思わなかったくらい。

そう、何を隠そう

嫁ちゃんネタだけで当時ブログを書こうと思っていた

くらい嫁ちゃんはオリジナリティに満ち満ちている!!

嫁ちゃん本人ですら

「私と別れた者たちは、
他のおなごじゃものたりなくて大変だろうね。。。」

と発言するほど。

そして納得するわたくし。

そんな嫁ちゃんの生態を広めてやるっ

と意気込んでこのブログを書いてますので
周知のほどよろしくお願いします←

書いたらきりがないので今日はひとまずよりすぐり5選のお伝え。

嫁ちゃんのエピソードよりすぐり5選!

読心術

なんなんでしょうね。

その術の極めし者とは嫁ちゃんの事。

と言っても過言じゃないくらい人の心を読んでくるのです。

エピソード

そう、あれはわたくしが会社で窮地に立たされているとき。
突然理不尽な異動命令が。
わたくしただのサラリーマン。
異動命令を断るなんて権限はない
しかし、この異動命令がわたくしに降りかかった
根本的な原因・・・それは

他の奴が異動を断ったから・・・!!

いや、サラリーマンで断るとか意味わからん。
わけわかめ(死語)

そんな中そいつのせいで異動命令・・・
歯を食いしばりながら

「異動ですね。わかりました。」

と伝えたあの日・・・

上司も理不尽極まりないと感じていたようで(?)
もともと僻地へとばされるところ、そこは加味されて
その僻地よりは近場の異動となったわけですが

その時異動を断った輩から放たれた言葉に呆然。

わたくしの脳内
きっと自分が断ったせいで犠牲者が出た
ことに対して形だけでも謝罪してくるのではなかろうか。
謝罪をされても、
相手がただただ自分の罪悪感をぬぐいたいだけの言葉だから
「別に気にしてないですよ。」なんて言わないんだから!!

言ってあげないんだから!!!!

と、なんて言葉を返してやろうかと思っていたところ・・・・

〇〇〇〇?

さて何と言われたでしょう?

・・・・・

答えは一回おいておいて(いや、置くのかい。)

この言葉を受けてわたくし

は?

しかでてこなくてもちろん怒り心頭
いや、むしろここまで言われたら逆にすがすがしいわ。

とりあえず帰宅後もんもんしていたわたくし

嫁ちゃんに異動のことも踏まえて全て打ち明ける。

そして嫁ちゃんにも同じ問い。

何て言われたと思う?!

と詰め寄るわたくし。もちろん答えられない、こんな事言ってくるやつなんか
想像つかないだろう。と言わば

回答させる気0の質問。

しばし悩んだ嫁ちゃん。

・・・・・・口を開く。

「なんであなたは僻地に異動じゃないんですか?」かな?

・・・・・

正解!!!

そう、正解は
「なんであなたは僻地に異動じゃないんですか?」
でした。

えーーーーーーーーー。

なんでぇ~!
普通自分のせいで犠牲者がでて、
その人が目の前にいたら

嘘でも謝るんじゃないの~?

全然そいつの思考回路がわからん。

~完~

これは一部の例としてあげた事実ですが、
嫁ちゃんにはその人の行動、発現、見た目など情報を細かく伝えると

「この人だったらこういう考え方してもおかしくない。」

と最低レベルで相手の思考回路をジャックしてくれるのです。

そしてそれが

100発100中するのです。

怪しい宗教じゃないので有料でも無料でもおススメもしませんが

わたくしにとって

最良で唯一無二な人生のコンサルタントが嫁ちゃんです。

全人類愛

意味もなくフラミンゴを入れてみたよw

わたくしの人生のコンサルタントが
暴露されたところで次に行きます。←

そう、全人類愛。

人は誰しも、「好き」「嫌い」「無関心」など感情ありますよね?

わたくしなんか全ての人類において「無関心」

だって無関心が一番傷つかないもん
そんなわたくしが考えを改めさせられたエピソードがこちら

エピソード

エピソードというまででもないのですが(じゃ、書くなw

誰に対しても負の感情だけじゃないんですよね。

いや、もちろん

「このやろー!!もー嫌いなんだから!」

と発言はするんですけど、その時掘り下げてその人の事を聞くと

「こういうところはすごいと思うけど、ここは納得いかない。」

「この人はこういう人だから、こう思っても仕方ない
だからこの人はこれでいい。」

とか、なんか誰に対しても、わたくしからみてもク〇野郎(ピー案件)とかでも
その人がどういう人か分析して

良い所やら、あきらめるところやら、自分が直してその人と接したりしなきゃとか
言ったり、提案してきたりするのですよ。

なぜ他人のためにそこまで思考回路使うねん。

マ〇ー・〇レサですか?

と思った事が度々。

しかしですね、そんな嫁ちゃんと過ごすことによって

わたくしもその思考を理解しよう。試してみようと思った結果。

会社での信頼性、評価が上がった気がします(自己分析)

・・・・

・・・・

あれ、おかしいな、エピソードを書けば書くほど(まだ2つしか書いてないw)

変な宗教の押し売りチック

になっていくのはどうしてだろう。。

次からは宗教じみた話はなくなります(多分)

風呂嫌い

これは嫁ちゃんの代名詞といっても過言ではない。

なーーーーーんでこんあ風呂嫌いかな?

同棲当初このネタがいっちばん喧嘩したネタ

エピソード

それは同棲を始めたころに起きた事件。
いつものように帰宅し、嫁ちゃんが作ってくれたごはんを食し(いつもありがとう)
一息。

ここから戦いが始まる。

そう

風呂狭間の戦いだ。

いつも眼鏡の犠牲者がでるのだが、今回は負けない!
ここはビシッと言うんだ。がんばれ眼鏡(自分)

はい、嫁ちゃんお風呂先に入って~!

嫁ちゃん

いやだっ!眼鏡が先に入ればいい。

即答。

でも今日は負けない。

だめっ!いつもそうやって、最近ずっとソファーで
寝てるでしょ!!今日はちゃんと入りなさいっ!
・・・毎日こんな言い合いしなきゃいけないの?(ボソッ)

嫁ちゃん

だってもー眠いんだもん!
毎日言い合いしなきゃいけないって呆れたの?
前はそんなこと言わなかったのに!!
ふーふの危機なの?離婚なの?!
違うでしょ!毎日言わなきゃだめでしょ!!!!!

風呂狭間の戦いで早くも離婚の危機。

ここまで嫁ちゃんがばーーーーーって言葉を発し始めたら

眼鏡打つ手なしw

でも引くに引けず

んもう、わかったよ。(←結局引いてる)
先入ってくる。今度からお風呂入れは言わないね。

嫁ちゃん

・・・・
違うでしょー!!!!!!
言うんでしょー!!!!!!
見捨てるのか?見捨てるのか?

どうしてほしいんじゃっ

ここまでくると真剣に話してるんだけど
おかしくなって笑ってしまうのよね。

嫁ちゃんの策略よね。

本当ずるい。

また、ある日は

夜・・・・今日は疲れてそうだし
もうスヤスヤ寝てるしそっとしておいてあげよう。
と親心にも似た気持ちでそっとしておくと

翌朝

なんで起こしてくれなかったの!!!!!

うぇーん。

と泣く始末。

何が正解なの?これ?

因みに・・・・・補足
嫁ちゃんは髪の毛が人より大分長いため、
お風呂が嫌いなわけではなく、
髪の毛を洗って乾かすのがめんどくさいとのこと。

現に温泉地に行くと
1日に3回くらい入っちゃうというくらいの風呂好きw

だけど髪を切る切らないはまた別問題とのこと。

ややこしっw

何事にも真剣説

ここまでで3000文字消費してるけどちゃんと見てくれてるのかしら?
と心配しつつも書き進めます←

何事にも真剣説!!!

これは主にテレビ。

普段あまりテレビを見ないわたくし達。
そんな中テレビをひとたびつければ
一気に間の空気感が変わる。
その理由は

嫁ちゃんの真剣なまなざし

何がテレビに映し出されてようが

食い入るように見る!

それがテレビへの礼儀と言わんばかりに。

エピソード

とある日、珍しくテレビを見ようとなりスイッチON。

メインのテレビ番組をみつつ、当たり前ながらCMが流れる。
モバイルゲームにハマっていたわたくし。

CM中モバイルゲームをする。

CM開けテレビ番組になる。

ゲームをやめてテレビを見る。その繰り返し。すると突然

嫁ちゃんが不機嫌に。

嫁ちゃん

携帯見てるならテレビ消すよ?

え、今CMやん。

いや、今CMだから・・・

CMもちゃんと見れ。

はい、みます。

肉好き

お肉

若干横暴さがあった何事にも真剣説でしたが続きます。←

わたくし達2人そろって肉好き。

特に嫁ちゃんは大の肉好きである一定の期間を過ぎると

「肉が足りていない。食べなければ。」

と死にかけの侍みたいに発します。

そのある一定の期間内。
つまり肉を食べていない期間に喧嘩が勃発すると2人で

「肉を最近食べてないから喧嘩するんだ。」

となるほど

肉は大事。

そもそも肉のせいにして消えゆく喧嘩なんか
もともと大した内容じゃないですけどね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

何がっ!!

と思ってる方。ただただ「いかがだったでしょうか?」の締めをしたかった
わたくしに付き合っていただき

ありがとうございました。

そしてここまで読んでくれた方時間を使ってくれてありがとうっ!

しかし、ほんの一部しかかけなかった・・・!
続編はまた懲りずに書きます!(゜-゜)←
今回はここまでで〜ではっ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる