MENU
あー。
このサイトの人
LGBTQ⁺ブロガー。
くすりをあつかう仕事もしている。
ひとことで言うと薬剤師。
いろいろ情報を発信中。
💡LGBTQ関連情報と嫁ちゃん大好きまんブログ。たまに小物💼

カミングアウトの必要性を考える【LGBTQ】

  • URL Copied!

はい、今回のお題はこちら。
悩むよねー。いつ、誰に、どこまで、話すか。

話さない方がいいのか。

実体験を踏まえつつ
個人的見解をつらつら綴りますので参考までに~

この記事を書いた人
あー。
  • 薬剤師歴10数年
  • LGBTQブロガー
  • 未治療で埋没経験有
  • パートナーと結婚式を挙げ
    マイホーム購入経験有
目次

カミングアウトの必要性とは?

個人的見解ですのでご了承を。←先に言う。

カミングアウトで一番悩んだ時期は

はっきり言って学生時代ですね。


ある程度大人になると

カミングアウトした方が良いときと悪いとき、

しなくていいとき、
した方がいいときってのが

なんとなく分かってきます。
(個人差あります)

youtube、SNS、ブログでは
「カミングアウトは自己満」

「人に理解を求めるな」とか
結構厳しめな意見があったり、

逆に「カミングアウトしてよかった。」
「カミングアウトしてくれてよかった。と言われた。」
など本当180度違う情報を目にします。
結果的に人と状況をみてカミングアウトするならする。
ってなるんですけど
そもそも何のためにカミングアウトを?
ってとこですよね。

学生時代は・・・
・周りに理解してほしい。
・相談できなくて苦しい。
・(彼女がいるのに)恋愛話になると嘘つかなきゃいけなくて嫌だ。
・騙しているみたいで心苦しい

 が、カミングアウトしたい理由でした。上げてみて実感したのが

自分のことしか考えてねぇ~

ビックリ。←
でもね、思春期なんてそんなものなの。
自分のことで頭いっぱいなの。
思春期のみなさん。しょうがないことです。
※自分の思考で話をしてますのであしからず

20代後半~現在は・・・
将来にさしつかえがあるかどうか
の1点になりました。
出会いの導入部分でLGBTQだと知らない人に対して

特に無理してカミングアウトする必要性を感じないので、

ある程度長くいる人、
この先も付き合いが長くなりそうで
自分のことを良くも悪くも話できる人には

カミングアウトしようかな。と思います。

 ただ!!!!

めちゃめちゃ必要最低限です。

なんの話になってるかわからなくなりましたが
題に対しての答えは今のところ


「必要性はないんじゃないかな~。」

です。

ただし、FTMやMTF、トランスジェンダーの方は
親にカミングアウトしなきゃ始まらないところ
があると思うのでこれは参考にならないかもしれないです・・・。

・・さて、カミングアウト必要性ないんじゃないかな~と言えども、
今までの人生の結果論なわけで
色々試行錯誤してカミングアウトをしようと思っていた時もありますので
経験をカテゴライズしてお届けします~。それでは次へ~

カミングアウト家族編

ブログ「自分でみつけた、自分の在り方。」にも記載通り
高校生で「レズ」という噂がたった事があります。

 
その時はそれはもうめちゃめちゃ悪い事のように
「あんた!まさか先輩と付き合ってるわけじゃな
いでしょうね!!!」

と責められ、とっさに否定。

それ以降絶対バレちゃだめだと思った記憶があります。

父親からは

「人間に生まれてきた以上子孫を残すのが使命だからな」と言われ。

これまた絶対バレちゃだめだと思った次第です。
そーするとカミングアウトしてないの?
って思うかもしれませんが

 してます。

わたくしには強い味方「」がいまして。
姉とは大学時代2人暮らししていたこともあり、
大学時代、
彼女にボロボロに振られて精神状態が異常になった時に

バレました。


昔から男っぽいところがあったため、
姉はあまり驚かず、ただただ失恋したわたくしを
なぐさめてくれました。←何の話
それ以降少しずつ幼少期から
違和感があったことを伝えて姉は理解してくれました。

結婚願望もなく、彼女がいたりいなかったりを繰り返していたため(?)親にはカミングアウト
するきは皆無でした。

 が、

嫁ちゃんと出会って、
「この人だったら一生一緒にいたい。
親にも認めてもらいたい。
と思うようになり、カミングアウト
その当時、
自立していて会社でも役職についていたこともあり、
昔より「自分」というものに対して親が一人の大人として認めてくれているのかな?
って時でした。
姉にはカミングアウトすることを伝え、
その場をつくってもらい(陳謝)
親に涙ながらカミングアウト。

「ずっと一緒にいたい人ができたんだけど、
相手は女の子です。ずっと大人になれば
男の人を好きになれるんじゃないかって思って、

付き合ったこともあるけど無理でした。
女同士で結婚なんてできないから、

今までも彼女がいたけど黙っていた。
けど今回の人は
人生を一緒に生きていきたいと思ったので伝えました。

受け入れてほしい訳じゃないけど
伝えたかった。」

そしたらば親ったら
「色々考えてそれならそれでいいんじゃない?
お前が幸せならそれでいいし、応援する。
今度その子にあわせてよ。」

 ですって(;_;)

いつからそんな理解者になってくれたのぉぉ!
早く言えばよかたぁぁー!


ってなりかけましたが、
自分がある程度自立して真剣に
親と向き合って話ができるようになったのが
このくらいの時期だったので
早まってカミングアウトしてもいい結果は得られなかった
かもしれないし、
彼女が変わるごとに同じことしてたら信用してもらえなかっただろうし
いいタイミングだったのかなー。
と自分では思ってます。

家族には認めてほしいカミングアウトをしました。
ただ「一生一緒に生きていきたい。」
って思える人が現れなければ今でもカミングアウトは
してなかったと思います。

カミングアウト友達編

友達にはほっとんど今までカミングアウトしてません。
真の友達(何それ)1人。
下心ありの友達(言い方←)2人。計3人です。
いずれも大学生。
下心ありの友達1人目は、
ずるいのですが自分のことが好きだなと確信してからカミングアウト
してお付き合いしたので参考にならないと思うので省きます←

2人目は・・・今でも超絶後悔してるし、
気まずくて二度と会いたくないです←勝手


大学時代そこそこ仲良かった美人さん。
大学時代もふざけて手をつないだり、スキンシップ
が多かったりで「お?お?」と思うわたくし(←単純)

卒業後下心があるもんで2人で遊ぶ約束をこぎつけ、
遊ぶことに。。
映画見て、飲みに行って帰りの電車。
「実は大学の時○○ちゃんと付き合ってたんだよね。」
とカミングアウト←唐突
今まで浅はかながら
気になる人できる→仲良くなる→カミングアウトする→付き合う
が何の自信なのかできると思っていたわたくし。
そんなわたくしに目の覚めるような
返答が待ち受けていました。

「え?・・・あ、そうなんだ(怪訝なまなざし)。
 別にいいんじゃない・・?」

あ・・・・・引かれてる。。やばっ

「あ、ごめん。いや、そーだよね!
あーごめん。なんかごめんね。」
謝り倒すわたくし。

「いや、別に謝られても・・。
私はそーゆーのわからないけど

別にいんじゃない?」

さらにテンパって謝った結果

「え?何?別に謝らなくていいっていってんじゃん!怒」

この時の自分にいってやりたい。
「お前はおバカさんかと・・・。」
以降自分の馬鹿さ加減と、カミングアウトの難しさ、
トラウマにより軽々しく
自意識過剰でカミングアウトすることはなくなりました。

時系列さかのぼりまして
大学時代に真の友達へのカミングアウト。
大学時代彼女がいることをひた隠しにしていたわたくし。
とても仲のよかった友達1人に
学食でカミングアウト(経緯忘れたw
「実は○○ちゃんと付き合ってるんだよね。」と伝えると

「えっ!嘘っ!・・・でも
○○(わたくしの名前)が幸せなんだったらよかったぁ。」

っとこの友達は心から祝福してくれ、
現在進行形で今でも仲良くしてくれてます。

ってなわけで!
軽率なカミングアウトは自分を傷つけ、
相手に不快な思いを与えることもある
と学んだ友達編でした。

カミングアウト職場編

職場編ではもう大人な思考なので(?)
基本的にカミングアウトする必要全くなくね?
って考えが基本ですが


働き始め(24歳)の時に職場の先輩に1人
現職では3人にカミングアウトしてます。
カミングアウトの理由は
「その方が働きやすかったから」ですかね。
24歳の時のカミングアウトは
恋愛がらみになるので置いときます。←


現職では長く勤めようと思っている会社なので
カミングアウトする気はさらさらなかった
のですが、なんていうんですかね。

30過ぎてボーイッシュすぎると若いときより色々

するどく突っ込まれるのよね?気のせい?

 そこで!!

めちゃめちゃ信頼できる人3人にカミングアウト。
反応は「やっぱりね~」的な感じ。
カミングアウトする必要はなかったものの
したらしたで働きやすいし、
色々話を合わせてくれるので助かっております。

カミングアウト恋人には?

前述している通り、ほとんどの恋人が


仲良くなる→脈あり確認→カミングアウト→お付き合いする
という経緯を辿っています。


脈あり確認ってなんやねん。て思いますよね?


わたくしも当の昔の話しすぎて今なんやねん。
て思ってます。←
とりあえずカミングアウトしてお付き合いするので・・・
かくして付き合うとかはなかったですね。
付き合う前にカミングアウトするのは
「こういう人間だけど大丈夫?」の意が強かった気がします。
付き合うときは純粋に
この人で最後がいいと思うタイプなので(?)


1.普通にしていたら子供はできません。
2.籍を入れることもできません。
3.親にも言えないことが増えるかもしれません。
それでもいいですか?の確認してました。

 ・・・・・あれ重い?

いや、
それだけ同性と付き合うって前途多難なことあるんだぜ?大丈夫?
とプレッシャーをかけ「大丈夫。」という言葉で
自分が安心したかっただけかもしれません。

 とんだダメ野郎( ゚Д゚)

恋人には自分が安心したいがためのカミングアウトをしてましたね。

イレギュラーだったのは嫁ちゃんの時くらいですかね。
嫁ちゃんとの出会いは
嫁ちゃんブログ」に書いてありまっす。

カミングアウトの必要性のまとめ

以上カミングアウトの経歴でした。

え、カミングアウト必要性ないっていったのに
結構してるやん。

って思いますよね。

自分でも思いました。

いや、あくまでもこの経験を得てからの考えなので
どれか必須だったかなぁと思うとそうでもないし。


むりやり理解してもらわなきゃと思って
カミングアウトする必要性は全くないし
誰かに辻褄あわせで嘘つかなきゃいけない時でも、
それはそれで必要な嘘もあるので

つまりは誰かに・・・
それが親であっても馬鹿正直に急いでカミングアウトする必要は
ないと思うのです。
相手と自分の気持ちを守るための嘘は全然ありだと思います!

結果

無理してカミングアウトする必要性はない!

時には嘘も必要よ!

に変更します。

「月に代わってお仕置きよ!」みたいになりましたが←

本っっっっ当に個人の見解なのでご了承を~

以上です|д゚)

ブログランキング・にほんブログ村へ

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる